札幌市営地下鉄に7月17日(土)より設置開始

2021.07.15
ChargeSPOT

モバイルバッテリーシェアリング「ChargeSPOT」を展開する、株式会社INFORICH(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:秋山 広宣)は、札幌市交通局が運営する、札幌市営地下鉄「さっぽろ駅」、「大通駅」に、7月17日(土)より「ChargeSPOT」を設置することをお知らせします。

日本設置台数シェアNo.1※の「ChargeSPOT」はモバイルバッテリーを「どこでも借りられて、どこでも返せる」をコンセプトに2018年4月からサービスを開始し、全国の駅、空港、商業施設や飲食店、コンビニエンスストア、公共施設などを中心に現在約26,000ヶ所まで設置場所を拡大しています。
※INFORICH調べ
この度、7月17日(土)より札幌市営地下鉄に「ChaergeSPOT」が設置されます。
設置駅は、札幌市営地下鉄の駅の中で、1日の平均乗車数が1番多い「さっぽろ駅」、南北線・東西線・東豊線の3路線が乗り入れ可能なターミナル駅「大通駅」になります。

■設置について
設置日:7月17日(土)
設置箇所:
・さっぽろ駅 9番出口付近公衆電話
・大通駅 オーロラタウン前13番出口
※詳しい設置場所はアプリ内、HP(https://app.chargespot.jp/map/)からご確認いただけます。

ニュース一覧へ