「PayPay」のミニアプリに、「ChargeSPOT」が登場

2021.04.22
ChargeSPOT

株式会社INFORICH(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:秋山 広宣、以下INFORICH)とPayPay株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長執行役員CEO:中山 一郎、以下PayPay)は、キャッシュレス決済サービス「PayPay」のアプリ内から、日本設置数No.1モバイルバッテリーシェアリング「ChargeSPOT」のサービスが簡単に利用できるミニアプリ(※1)「ChargeSPOT」の提供を開始しました。

今回のミニアプリ提供により、PayPayユーザーは、PayPayアプリ内にある「スマホ充電」のアイコンより、「ChargeSPOT」の検索、貸出手続きや支払い(※2)が可能になります。通常「ChargeSPOT」の利用には、アプリのダウンロードやアカウント登録が必要でしたが、より手軽にバッテリーのレンタルができるようになります。

<PayPayアプリ内の「ChargeSPOT」ミニアプリの使い方>
レンタル時:PayPayアプリを開き、「スマホ充電」のアイコンをタップし、権限を許可する。アプリ上の地図から利用可能な「ChargeSPOT」の設置場所を検索する。設置場所に到着後、「QRスキャンして貸出」を選択、ChargeSPOTバッテリースタンドに表示されているQRコードを読み取り「借りる」をタップする。一時支払金(330円)を支払うとレンタルが完了する。

返却時:地図から返却可能な「ChargeSPOT」の設置場所を検索、設置場所に行きバッテリーを空いているスタンドに返却する。利用額が一時支払金(330円)より低い場合は余剰預り額が自動返金される。利用額が一時支払金(330円)より多い場合はプッシュ通知かPayPayアプリ上の通知より支払う。

決済内容およびPayPayボーナス付与予定金額の確認:PayPayアプリ上の「取引履歴」をタップする。

今回PayPayは、「PayPay」を通してさまざまなサービスを提供し、ユーザーの生活をもっと豊かで便利にする「スーパーアプリ」へ向けた取り組みの一環として「ChargeSPOT」をミニアプリへ追加しました。

INFORICHは、「PayPay」のミニアプリからサービスを提供することで、3,800万人以上(※3)の「PayPay」ユーザーに対して、「ChargeSPOT」を利用するきっかけを創出します。万が一外出先で充電がなくなっても、30分未満のご利用で165円から、全国約2万5,000カ所で気軽に充電できる機会を提供します。

※1 「ミニアプリ」とは、PayPay株式会社のパートナー企業が提供するサービスの予約や商品の注文、支払いなどが「PayPay」アプリ内でできる機能です。
※2 決済方法は、PayPay残高での支払いのみです。Yahoo! JAPANカードを含め、クレジットカードでのお支払い、PayPayあと払い(一括のみ)でのお支払いはできません。
※3 PayPayへアカウント登録を行ったユーザー数です。2021年3月時点。

※ PayPayアプリの最新バージョン(iOS:2.71.0、Android:2.72.0)で利用できます。
※ 価格は税込みです。

ニュース一覧へ