設置台数が20,000台を突破!

2020.09.23
ChargeSPOT

株式会社INFORICH(インフォリッチ)(本社:東京都渋谷区、代表取締役会長:秋山 広宣 以下、INFORICH)は、国内シェアNo.1※1のモバイルバッテリーシェアリング「ChargeSPOT」の設置台数が20,000台を突破したことをお知らせします。※1 弊社調べ(2020年9月時点)

日本初のモバイルバッテリーシェアリング「ChargeSPOT」は「どこでも借りられて、どこでも返せる」をコンセプトに、2018年4月のローンチからわずか1年で日本全国47都道府県に拡がり、グローバルでも香港、タイ、台湾と続々とエリアを拡大しているサービスです。

この度、「ChargeSPOT」の国内設置台数が20,000台を突破しました。主要駅、空港、コンビニエンスストアや商業施設、飲食店、自治体など、日本全国に設置しています。東京都内だけでも7,000箇所で貸し借り可能で、例えば駅構内で「ChargeSPOT」をレンタルし、目的地近くのコンビニでご返却をいただけるなど、場所や時間にとらわれない利用が可能です。

使い方はアプリ(https://go.onelink.me/GQjX/cc9f2407)でバッテリースタンドのQRをスキャンするだけ、1時間未満のご使用で150円(税抜)と手に取っていただきやすい価格で展開しています。

また「ChargeSPOT」は災害時の非常事態に備え、各企業自治体と防災協定を締結しています。停電時やスマートフォンの充電が無くなってしまうと情報の⼊⼿はもちろん、⼤切な⼈の安否確認や⾃分の無事を知らせることが出来ません。「ChargeSPOT」では、災害時に応じて無料でバッテリーを解放するなど、皆様の生活の一部、ライフラインになれるよう今後も設置箇所拡大を目指しています。

今後2022年までに約100,000台の設置完了を予定しております。緊急時の充電不足解消はもちろん、日常生活でも、時間や場所にとらわれずに誰もが気軽にスマートフォンの充電ができる環境を支える生活インフラとして、皆様に気軽にご愛用いただき、充電に困らない社会の実現を目指しています。

■INFORICH 代表取締役会長 秋山広宣からのコメント
チャージスポットは20,000台設置を超え、国内でのサービスシェアは90%を占めています。2019年9月時での設置台数と比較し、1年で3倍近くのスピードで増えており、設置台数日本国内No.1で拡大を進めております。
これも日頃よりご尽力頂いております設置先様、パートナー様、ご関係者の皆様のお陰でございます。
改めまして最敬礼申し上げます。
引き続きユーザーの皆さんが更に使いやすく、充電に対するストレスがなくなる世の中を創って参ります。

ニュース一覧へ