新型コロナウイルス接触確認アプリ「COCOA」の普及促進に向けた情報発信を開始「ChargeSPOT」のモバイルバッテリーを順次、抗ウイルス・抗菌加工へ

2020.08.21
ChargeSPOT

株式会社INFORICH(インフォリッチ)(本社:東京都渋谷区、代表取締役会長:秋山 広宣 以下、INFORICH)は、厚生労働省が主導する国内での新型コロナウイルス感染症拡大防止策の一層の強化に資するため、スマホ充電器レンタル「ChargeSPOT」の全国約16,000台のデジタルサイネージを活用し、新型コロナウイルス接触確認アプリ「COCOA」の利用促進動画の放映を開始しました。INFORICHは、内閣官房からの協力要請を受け、全国に設置された「ChargeSPOT」のデジタルサイネージを通して、厚生労働省による「COCOA」の普及促進を目的とした広報活動をサポートする運びとなりました。

新型コロナウイルス接触確認アプリ「COCOA」は利用者が増えるほど、国内での新型コロナウイルス感染症の拡大防止に対する効果が大きくなると期待されています。アプリのダウンロードと親和性が高いスマホ充電器レンタルを提供する「ChargeSPOT」による情報発信が「COCOA」の利用者拡大の一助になると考え、この度の利用促進動画の放映開始を決定しました。

「接触確認アプリの協力」篇

また、INFORICHは感染症対策の一環として、「ChargeSPOT」のモバイルバッテリーを順次、抗ウイルス・抗菌加工を進めます。SIAA(抗菌製品技術協議会)※1 の安全性基準と性能基準に適合した株式会社清華堂(本社:大阪府大阪市、代表取締役:岡本 吉隆 以下、清華堂)の「SEIKADOU SRW-30」を、モバイルバッテリーに世界で初めて採用しました。

「SEIKADOU SRW-30」を、モバイルバッテリーに世界で初めて採用

■概要
広告動画放映期間:2020年8月18日〜9月末
放映箇所:全国のチャージスポット

※1 SIAA(一般社団法人 抗菌製品技術協議会)は、経済産業省のガイドラインに則って運営され、適正で安心できる抗ウイルス・抗菌・防カビ加工製品の普及を目的とし、メーカー、試験機関が集まってできた団体です。SIAAマークは、SIAAガイドラインで品質管理、情報公開された製品に表示されています。

ニュース一覧へ